謎が謎を呼ぶ「おかあさんといっしょ!」

娘を産んでから良くお世話になっている『おかあさんといっしょ』。

去年から新しく『ポコポッテイト』という人形劇が始まったのだが、
今日はその真相に迫ってみようと思う。
先日主人公3人(ムテキチ、ミーニャ、メーコブ)が宇宙人を島で探すという回があった。

ちなみに予備知識として・・・
ムテキチはラーテル、ミーニャはマンチカン、
メーコブはジャコブヒツジの子供と言う設定だ。

初めは葉っぱとかキノコを宇宙人だ!と可愛く遊んでいたのだが、
そこに一機のUFO(未確認飛行物体)が現れる。
3人がぎゃーぎゃーいっていると、中からララパというムテキチ自称ペットが現れる。
このララパ、設定によると超古代文明の妖精で島の長老様より長く生きているらしい。

ワンダホー・・・『宇宙人出てきたら どうしよう?』、
とビビリのメーコブが言っているが、こちらからしてみれば、
『いやいや、ララパの存在受け入れすぎでしょ』となってしまう。
ララパ、瞬間移動に空も飛べます!
他にも凄いことできるはず!!と大人は期待してしまうのだ。

このポテイ島、昔に超古代文明が発達していたらしく、
今後そのエピソードに何時触れてくれるか楽しみでしかたない。
後、ミーニャをあえてのマンチカン設定にした理由が知りたい。

マンチカンは猫のスポーツカーと言われているが、
その名の通り手足が短く車高が低い。
ゆえにミーニャの手の稼動ポイントが肘から先だけと非常に短い。
きっと中の人は大変だと思う。ダンスとか結構踊りにくそうである。

ポコポッテイトの謎に迫りたかったが結局謎だけが残ってしまった。
しかし大人になってみて、大人目線でおかあさんといっしょを見ると、
結構楽しめるものである。
歌の時PVが流れるのだか、
歌のお兄さん、お姉さんのほとばしる「やる気」が伺えてとても面白い!
『あー今回は楽しかったんだな?気乗りしまくっちゃったんだな?』、
とか思いながら見るともっと楽しめる
。今年度でごっちゃのお姉さん(まゆお姉さん)が卒業だそうで、
とっても寂しくなってしまう。

彼女のやる気溢れるダンスのファンだったので今後の活動に期待したい。

Posted on 月曜日, 3月 12th, 2012 at 2:43 PM and is filed under つれづれ綴り. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.