パソコンとおじさん

パソコンはあっという間に世の中に広がってしまいました。
昔は紙の手書きだった時代もあったというのが、今では信じられないくらいです。
仕事の色々な管理を紙と手書きでどうやって管理していたのか・・・
不思議でなりません。

紙で仕事の管理をするとなると「昨日はどこまでやったっけ?」といった感じに
進捗管理が本当に大変な気がします。
ポストイットを目印にしたところで、それがはがれていたら「・・・」
また1からやり直し!になるんでしょうかね。。
そういう時代がいい時代だったのかも・・しれません。

パソコンが社会に普及されはじめたのは私がちょうど就職して働き始めた頃です。
私はラッキーなことに大学でパソコンの科目があったので、そこそこに使える程度には勉強していました。
私は大学を卒業してから新卒で会社に入って一応一通りの社会人マナーを学んだ後、
私は「いざ出陣!」とばかりに自分の部署に配属されました。

そこには想像したトレンディドラマのようなイケメンは全くいませんでした(笑)
想像した以上におじさんが多かったです。
やっぱり現実はこんなものか!と開き直り「なんとか毎日がんばって仕事を覚えよう」と
思っていた時です。

私の部署で課長に1人のおじさんがすごく怒られていたんです!
怒られていた理由は驚いたことに「おじさんがパソコンを使えなかった」ことでした!
私にはそれが初めて会社で怒られている人をみた経験だったので、ちょっと驚いてしまいました。

しかしながら、おじさんは学校でパソコンの使い方を習っていないのだから
出来なくてしょうがないですよね?
今まで紙でやって何十年もがんばって来たのに、いきなりパソコンがやって来て
ピコピコしろなんて言われても「馬鹿じゃないのか!」という感じです。

怒りたい気持ちも我慢してそれでもパソコンにトライしているおじさんに
怒鳴って怒っている上司は「この人こそ問題がある!」と思いました。
私は思います。おじさん(45歳以上)の人にはパソコンの研修に行かせるべきです。
じゃないと急に出来るようにしろ!というのは年齢的に無理だと思います。

たまには、臨機応変に簡単なものは手書きでもいいのになぁと思います。
パソコンが出来ないおじさんファイト!と思います。
明日からおじさんにパソコンを教えてあげようと思います。

Posted on 火曜日, 11月 13th, 2012 at 11:00 AM and is filed under つれづれ綴り. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.