美人もイケメンも3日で飽きるハズ

マイナビニュースに「美人は3日で飽きるってホント?」という記事がありました。
8割以上の方が「飽きない」と答えておられました。
本当にそうでしょうか?

私は男性ではないので、「美人と付き合ったら」という体でしか考えられません。
でも、イケメンである場合を考えてみましょう。
先に断っておきますが、私が定義するイケメンと付き合ったことはありません。
出会ったことが何度かあり、その後恋に発展したかどうかというお話です。

まず、結論から言いますと「恋には発展しなかった」ということです。
人生の中で「この人タイプ!」という人に出会うことは何度かありますよね?
とりあえず、タイプだと思った人の場合は妄想を抱きます(笑)。
イケメン=理想の男性像となってしまうので、
色々と自分の都合のいいようにいい男像を築き上げます。
この時点で間違いが起きていることは確かですが、
イケメンと決めつけているだけで色々な妄想を抱くのは誰でも同じだと勝手に思っています。

ところが、話していくうちにボロが出てきます。
ボロというよりも、最初からそういう人ではあるのですが、
「あれ?何か違う?」という部分がどんどん浮き彫りになっていくのです。
そのうちに気持ちがどんどん冷めていってしまうのです。
勝手に盛り上がっておきながら、冷めていくというのも失礼極まりないのですが…。
「結局、この人のいい所は顔だけか」とガッカリするのです。
それが徐々にやって来るので、3日もすれば飽きるという所以だと解釈しています。

飽きないと答えている方は、美人と出会ったことも付き合ったこともないのではないでしょうか?
もし飽きないというのであれば、美人と付き合ったり結婚したりした人は別れませんよね?
そういう人でも浮気をしたり別れたりしています。
浮気をした場合、その浮気相手が更なる美人であるということはありません。
「その人を浮気相手に選ぶか?」と思えるような人を選んでいることが多いです。
要するに、美人であるか否かは関係ないのだと思っています。

中には率直な意見もありました。
男性の意見で「手に入れるとあきる」と仰っている方がいらっしゃいました。
これが現実なのでしょうね。
高嶺の花は手に届かないからこそ美しいのであって、
手に入れてしまったら汚い部分も見なければなりません。
その部分も愛せるような女性なら飽きないのかもしれませんが、
そうではない場合は「飽きる」ということになるのでしょう。

Posted on 月曜日, 11月 5th, 2012 at 2:08 PM and is filed under つれづれ綴り. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.