Archive

Archive for the ‘つれづれ綴り’ Category

ボーナスと旦那

11月 25th, 2012 Posted in つれづれ綴り | コメントは受け付けていません。

先日年に1回の旦那のボーナスが出ました。
私の旦那は普段からほとんどお金を使いません。
2ヶ月~3ヶ月に一回友達と飲みに行くくらいで、それ以外は家にすぐ帰って来てくれます。
家に帰ってくると言っても家ではパソコンをいじっている事が多いので、
別々の部屋にいるだけなんですけども(苦笑)

でも同じ家の中に私がいることが安心するらしく、とにかく家にまっすぐ帰って来ます。
私はお酒が大好きなのですが、旦那はお酒は外で友達と一緒にいる時以外は飲みません。
だからお酒代も掛からないのです。
旦那の体型はちょっと細身で、太らない体質らしくいつも好きなものを好きなだけ食べています。
とは言っても暴飲暴食もしないし、自己管理が行き届いている人だなぁと関心します。

そんな感じで私の旦那はちょっと細めの優しい旦那なのです。
給料は普通の家庭よりちょっと少ない方だと思います。
だから普段の私達の生活は「私の計算・家計管理」が上手なおかげで(自分で言ってしまいましたが笑)
それでも結構余裕を残しながら万が一の為に貯金もしています。

私は普段お金の使わない旦那の為に「ボーナスは全部旦那に上げる」ことを
目標として生活費を管理しています。
今年も景気がよくないので、私もパートをしたりして家計のたしにしました。
うちは子供がいないので、それくらいして当たり前の気もしますが。。
洋服は1年で6万円くらいしか買わないように抑えたりしました。
(これってまぁまぁ少ない方ですよね?)

私の節約管理のおかげで、ボーナスはまるまる旦那の車を買うための貯金として
使えるようになりました。
なので私は旦那に「いつもご苦労様です。全部使っていいよ」とお礼の言葉を掛けました。

すると旦那は「ありがとう」と言ったまま、その後はしばらく部屋でインターネットをしていました。
そして1時間後に「俺はパソコンのハードディスクのいいやつを買う」と言い出しました。
大体2万円くらいです。
もっと買っていいのにと私は思いました。

すると旦那は「xxちゃんも好きなもの買っちゃえ!今から注文しよう!」と言い出しました。
私は今年のボーナスは何も買えないと思っていたので、結構うれしかったです。
私は旦那の半分のお金の1万円でずっと家に欲しかった
・私の仕事用テーブル(バリ風のシックな色をチョイスしました)
・電気スタンド(チャコールグレーのかわいいのです♡)
・黒いブーツ&ペタンコヒール
以上の3点をアウトレットで購入しました。

品物は全部今日今さっき届きました。
ちょっとの買い物でしたが、買った家具のおかげで家の印象がよくなってすごくいい感じです。
毎日働いてくれた旦那に感謝です♡

家の近くのドーナッツ屋さん

11月 18th, 2012 Posted in つれづれ綴り | コメントは受け付けていません。

私の家の近くに最近小さなトラックのドーナッツ屋さんが来ます。
最初は「こんなところで何をしているんだろう」と思いました。
場所は公園のすぐ近くです。

ここには2年くらい前から別のリアカーのお店のお兄さんがいます。
お兄さんは「くずきり」を売っていますが、意外と子供達に人気があるようです!
時々お兄さんは子供達に囲まれるくらい、売れているときがありますから。

それに代わって「ドーナッツおじさん」は初めてみました。
私は「今時トラックのドーナッツ屋さんかぁ」と思い、そこまで興味がありませんでした。
しかし見ているとココも結構人気があるようで、主婦のおばちゃんやおじいちゃんもいれて
結構な人数が集まって来ていました。

「どうして人気なんだろう」と見ていると、なんとおじさんはココで
揚げたてのドーナッツを売っているのです。
「揚げたてのドーナッツかぁ。美味しそうだなぁ」と私は思いました。

値段は1個50円。結構安いですよね。
私は“ひねりドーナッツ”と“あんドーナッツ”を買うことにしました。
私がおじさんに注文すると、おじさんはとても優しかったです。

お洒落なお店もいいけど、こういうお店もいいなぁと温かい気持ちになりました。
公園の中を見ると美味しそうに食べているお年よりが何人かいました。

私は家が近かった(家まで2分の距離)ので、家まで我慢して食べることにしました。
すると!どうでしょう。「これはいままで食べたことのない味だ」!!っていう感じでした。
ふんわりしているけど、すごくもちもちしています。
揚げたてのドーナッツは今まで食べたどのドーナッツとも違って、
私にはこれが一番美味しかったのです。

次にアンドーナッツを食べて見ました。
アンが手作りです。少し塩が入っているようで、とっても品のある餡子です。
つぶが少し残っているのもいいし、甘すぎないところも最高です。
「これは美味しい」。

私はもう一度公園に戻りました。母と祖母と妹の為に追加で「ひねりドーナッツ4個」
「アンドーナッツ4個」を買いに来ました。

私はおじさんに「いつここに来ますか?」と聞きました。
するとおじさんは「週に1回しか来ない・・・気ままに来るかもね」と言いました。
また次におじさんが来るのが楽しみです。私はしばらくドーナッツにはまりそうです♡

パソコンとおじさん

11月 13th, 2012 Posted in つれづれ綴り | コメントは受け付けていません。

パソコンはあっという間に世の中に広がってしまいました。
昔は紙の手書きだった時代もあったというのが、今では信じられないくらいです。
仕事の色々な管理を紙と手書きでどうやって管理していたのか・・・
不思議でなりません。

紙で仕事の管理をするとなると「昨日はどこまでやったっけ?」といった感じに
進捗管理が本当に大変な気がします。
ポストイットを目印にしたところで、それがはがれていたら「・・・」
また1からやり直し!になるんでしょうかね。。
そういう時代がいい時代だったのかも・・しれません。

パソコンが社会に普及されはじめたのは私がちょうど就職して働き始めた頃です。
私はラッキーなことに大学でパソコンの科目があったので、そこそこに使える程度には勉強していました。
私は大学を卒業してから新卒で会社に入って一応一通りの社会人マナーを学んだ後、
私は「いざ出陣!」とばかりに自分の部署に配属されました。

そこには想像したトレンディドラマのようなイケメンは全くいませんでした(笑)
想像した以上におじさんが多かったです。
やっぱり現実はこんなものか!と開き直り「なんとか毎日がんばって仕事を覚えよう」と
思っていた時です。

私の部署で課長に1人のおじさんがすごく怒られていたんです!
怒られていた理由は驚いたことに「おじさんがパソコンを使えなかった」ことでした!
私にはそれが初めて会社で怒られている人をみた経験だったので、ちょっと驚いてしまいました。

しかしながら、おじさんは学校でパソコンの使い方を習っていないのだから
出来なくてしょうがないですよね?
今まで紙でやって何十年もがんばって来たのに、いきなりパソコンがやって来て
ピコピコしろなんて言われても「馬鹿じゃないのか!」という感じです。

怒りたい気持ちも我慢してそれでもパソコンにトライしているおじさんに
怒鳴って怒っている上司は「この人こそ問題がある!」と思いました。
私は思います。おじさん(45歳以上)の人にはパソコンの研修に行かせるべきです。
じゃないと急に出来るようにしろ!というのは年齢的に無理だと思います。

たまには、臨機応変に簡単なものは手書きでもいいのになぁと思います。
パソコンが出来ないおじさんファイト!と思います。
明日からおじさんにパソコンを教えてあげようと思います。

語学学校で誕生日パーティ

11月 8th, 2012 Posted in つれづれ綴り | コメントは受け付けていません。

今日は週に3回通っている語学学校で「誕生日パーティ」がありました。
誰の誕生日パーティというかというと・・・
1歳の子供の誕生日パーティでした。

幼稚園が定員オーバーの為、子供を預けられずに子供を連れて学校に来ている御母さんのことを
先生が気遣って「みんなでお祝いしよう♪」ということになったのです。

私は先生が「パーティをする」と言ったときは「嘘~めんどうくさいなぁ」と思いました。
本当はめんどうくさい・・・というより「何をしたらいいか分からない」ので「なんか嫌だなぁ」という気持ちでした。

私は団体行動が嫌いでちょっと変わった性格だということは自分で自覚しています。
語学学校も通い始めてからもう約1年になりますが、人と群れるのがとにかく苦手なので
同じ日本人と一緒に行動することも苦手なんです。

今のクラスは14人。うち日本人は私ともう1人とたったの二人です。
もう1人の日本人は男性なので、女1人伸び伸びと授業に参加しています。
話をしたくない人・話にくい人には自分からは話し掛けないし、
親しくしたい人の隣に座って、リラックスしながら勉強しています。

しかしパーティとなると、みんなと協力しないといけないし、
まわりに合わせないといけないし、そういうの苦手なんです。
だから「学校休んじゃおうかな」と思ってこっそり“休む”計画をたてていたら、
前回のクラスでわりと仲が良かったフィリピンの友達が、クラスに編入して来ました。

パーティは金曜日。私は風邪で火曜日の授業を休んだんですが、
フィリピンの友達から「xxがいないと寂しいよ。。」とメッセージが来ました。
思わぬ彼女の言葉に「これは授業に真面目にでよう」という気持ちが出てきました。

しかし金曜日はどうしたものか・・・と悩んでいると、
木曜日の授業の最後に先生から「明日は1品持ち寄りで!」との指令が出てしまいました。
「・・・もう逃げられない」と思ってうなっていると、
またフィリピンの友達が「難しいね。。」と言われました。

私は「どうしていいか分からないのは私だけじゃないんだ・・・」と思いました。
「こんなのまずくて食べられない」と言われたとしても、サンドイッチ作ってみよう。
そう思いました。

当日私はみんなが自分のサンドイッチを食べるのをなぜか「申し訳なくて」
直視することが出来ませんでした。
「嫌だったら無理して食べないでね」みんなにそういいながら渡しました。

しかしみんなが「美味しいよ^^」と言ってくれたときは感動するくらいうれしかったんです。
やってみて本当に良かったなぁと思いました。

フランスパンの有効活用♪

11月 7th, 2012 Posted in つれづれ綴り | コメントは受け付けていません。

私はご飯派かパン派と問われると、迷わずパンを選びます。

今ではすっかり主食が白米になりましたが…。
実家に居た頃はほとんどパンを食べる生活でした。

実家がパン屋さんだった為、あまり物のパンはたくさんありました。
捨ててしまうのは勿体無いと思い食べていましたが…。
元々白米が苦手だった私にとってパンは最高の主食でした。
何と言っても、忙しい時でも片手でつまみながらパソコンが出来ますし。
先日も夜中に小腹がすいたのでパンを片手にインターネットをしていました。
その時見つけたサイトが<kirei.gr.jp>です。
「銀座カラー」という脱毛専門サロンのレビューをしているサイトなのですが、
実際に通っている様子が書かれているのでリアルな感じでとても参考になります。
脱毛を考えている方は、参考にしてみられるといいかも知れませんよ!

それはさておき、そんな風にパン信者な私ですが…。
しかしご飯は温めて食べれば何日かに分けて食べる事が出来ます。
一方パンは焼きたてで無い限りパサパサとしてしまい美味しく食べる事が出来ません。

保存料などを一切使っていなかった為、日持ちもしませんでした。
特に食べる事無く捨ててしまっていたのは、フランスパンでした。

フランスパンは工夫をすれば何日間か食べる事が出来ますが…。
正直工夫と言ってもチーズと一緒に食べるか、ガーリックトーストにするかの二択でした。
たまにアンチョビを使ったソースで食べる事もありましたが…。
ペーストを作るだけでも面倒なので、フランスパンはいつもあまっていました。

更に日にちが経つと硬くなってしまい、あまり美味しくありません。
どうする事も出来ないので諦めていました。

ところが以前私が働いていたお店で、画期的なフランスパンを使った料理を教えてもらいました。
それはカマンベールチーズフライです。

スーパーで販売されている6Pカマンベールチーズを半分に切り、外側では無く内側の柔らかい部分にフランスパンを貼り付けるだけの仕込みです。
後はフライを揚げる手順と同じで卵黄を絡ませ、パン粉を綺麗に付けていきます。

高温の油で一気に揚げると、黄金色の美味しそうなチーズフライの完成です(^^)
カマンベールとフランスパンの相性は最高なので、とても美味しく仕上がります。

カチカチになったフランスパンの方が、チーズに貼り付きやすく…。
揚げた後もふんわりでは無くサクっと仕上がるのが良い点です。

カビさえ生えなければフランスパンはカチカチのままでも問題はありません。
冷蔵庫で保存していれば一ヶ月以上は持つと思います。

カマンベールチーズフライはそのままソースで食べるのも良いですが…。
タバスコとケチャップを混ぜたソースでも美味しく食べる事が出来ます。

おつまみにもなるのでぜひおススメしたいと思いますね(^w^)

美人もイケメンも3日で飽きるハズ

11月 5th, 2012 Posted in つれづれ綴り | コメントは受け付けていません。

マイナビニュースに「美人は3日で飽きるってホント?」という記事がありました。
8割以上の方が「飽きない」と答えておられました。
本当にそうでしょうか?

私は男性ではないので、「美人と付き合ったら」という体でしか考えられません。
でも、イケメンである場合を考えてみましょう。
先に断っておきますが、私が定義するイケメンと付き合ったことはありません。
出会ったことが何度かあり、その後恋に発展したかどうかというお話です。

まず、結論から言いますと「恋には発展しなかった」ということです。
人生の中で「この人タイプ!」という人に出会うことは何度かありますよね?
とりあえず、タイプだと思った人の場合は妄想を抱きます(笑)。
イケメン=理想の男性像となってしまうので、
色々と自分の都合のいいようにいい男像を築き上げます。
この時点で間違いが起きていることは確かですが、
イケメンと決めつけているだけで色々な妄想を抱くのは誰でも同じだと勝手に思っています。

ところが、話していくうちにボロが出てきます。
ボロというよりも、最初からそういう人ではあるのですが、
「あれ?何か違う?」という部分がどんどん浮き彫りになっていくのです。
そのうちに気持ちがどんどん冷めていってしまうのです。
勝手に盛り上がっておきながら、冷めていくというのも失礼極まりないのですが…。
「結局、この人のいい所は顔だけか」とガッカリするのです。
それが徐々にやって来るので、3日もすれば飽きるという所以だと解釈しています。

飽きないと答えている方は、美人と出会ったことも付き合ったこともないのではないでしょうか?
もし飽きないというのであれば、美人と付き合ったり結婚したりした人は別れませんよね?
そういう人でも浮気をしたり別れたりしています。
浮気をした場合、その浮気相手が更なる美人であるということはありません。
「その人を浮気相手に選ぶか?」と思えるような人を選んでいることが多いです。
要するに、美人であるか否かは関係ないのだと思っています。

中には率直な意見もありました。
男性の意見で「手に入れるとあきる」と仰っている方がいらっしゃいました。
これが現実なのでしょうね。
高嶺の花は手に届かないからこそ美しいのであって、
手に入れてしまったら汚い部分も見なければなりません。
その部分も愛せるような女性なら飽きないのかもしれませんが、
そうではない場合は「飽きる」ということになるのでしょう。

私は○○県出身に憧れた

10月 28th, 2012 Posted in つれづれ綴り | コメントは受け付けていません。

皆さん、一度は「ここの出身がよかったな」と思ったことがあるのではないでしょうか。
マイナビニュースに「ここの出身がよかった…と思う都道府県ランキング」
という記事がありました。

複数回答も含めてですが、東京・京都・北海道・沖縄・神奈川という順位でした。
しかし、そういうことを考えたことがない人が多いのか、
パーセンテージは結構低いように思いました。
皆さん、出身地に満足しているということでしょうか?

私は東京生まれの東京育ちです。
6か月~5歳までは親の転勤で大阪にいましたが、それ以降はずっと東京にいます。
東京での生活は便利なことが多くて、遊びに行くのにも困らないし暗い場所も少ないし、
満足と言えば満足ではあります。
その分、旅行で田舎に行ったらものすごく感動できますしね(笑)。

でも、そんな私にも憧れている場所があります。
私は神奈川県出身が良かったのです。
神奈川と言っても横浜駅近くの横浜です。
とにかく、浜っ子という言葉に憧れていました。

そんな私に「え?なんでアナタが神奈川出身なの?」と言わせた人が旦那でございます。
どこからどう見ても神奈川出身には見えません。
こう言ってはなんですが、私の方が神奈川出身という言葉が合っています。
それなのに、彼は神奈川のしかも浜っ子であるのです。
悔しいと思ったのは言うまでもありません。

横浜は広いので、横浜駅周辺でなければ不便なところが多いことは事実です。
でも、東京に出なくても遊べてしまい、
尚且つ東京よりも人が少なくて綺麗というところが魅力的です。
それに、海に出やすいというところもいいですね。
地物の野菜や魚が安く手に入りやすいというのも羨ましいと言える部分です。

また、東京に出てくるのにも時間が掛かりません。
イベントが開催されるのは圧倒的に東京が多いですが、
そういうイベントに遊びに行くのに困らない場所でもあります。
東京は大好きなのですが、やはり神奈川出身が良かったです。

どんなに憧れても出身地は絶対に変えられないので、無駄な話と言えば無駄な話ですけどね。
それだけに、いつもドヤ顔をする旦那にイラッとしてしまいます。

自然のある地域もいいなと思いますが、多くの方々が都会に出て行くところを見ると、
私自身もその場所を捨てて都会を選んだろうなと思うのです。
正直言って、空気の美味しい田舎は旅行先で十分です。

独身女でもいいじゃない!

10月 23rd, 2012 Posted in つれづれ綴り | コメントは受け付けていません。

マイナビニュースの連載コラム「ずっと独身でいるつもり?」に
「独身女は『かわいそう』?」という記事がありました。
コラムを書いている雨宮まみさんは、
九州に住む親に勧められてお見合いをしたことがあるそうです。
無理だなと思ったからお断りをしたし、自分にはお見合いは向かないと判断したので、
お見合いの話を持ってこないように伝えています。
そうすると、「東京の家に遊びに行ってあなたがかわいそうだと思ってしまった」
と親に言われてしまいました。かわいそうって便利な言葉ですよね!
でも、この言葉で深い傷が出来たようです。

雨宮さんは35歳でフリーライターという職業に就いています。
しっかりと自立していて、趣味に恋愛に人生を楽しんでいます。
それなのに「かわいそう」と言われたことにショックを受けました。
私でも言われたらショックですね。
そもそも、結婚しているからかわいそうじゃないと言い切れるのでしょうか?
私はそこを深く掘り下げていきたいと思います。

まず、世の中は30歳を過ぎた独身女性を「訳あり」と捉える傾向があります。
それがどんなに綺麗な人であっても、独身女性は「訳あり」になってしまいます。
男性だったらそんな風に捉えられることは少ないのに。
しかし、どうして訳ありなのでしょうね?
結婚している人が訳ありではないとは限りませんよね?

結婚したことが幸せだと思っている人は意外に少ないはずです。
もしそうだとしたら、ネット世界に逃げ場を探す主婦などいないでしょう。
浮気に走る旦那もいないでしょう。
会話のない家に帰り、ストレスを溜め、それでも結婚している人が幸せなのでしょうか?

もちろん、上に挙げた例は結婚した人のごく一部かもしれません。
我が家は何も問題がなく、新婚当初から今の今まで幸せが
一貫していますというお宅もあるでしょう。
でも、離婚率が上がっているのは「
結婚して幸せだと思えないことが続いた」という人がいるからですよね?

私は結婚して良かったと思っていますよ。あくまでも今のところはです。
この先に何があるかなんて分かりません。
ひょっとしたら、「結婚なんて不幸なことばかり」と思う日々がやって来るかもしれません。
結婚はゴールではないし、あくまでも人生の一部でしかありません。
それは、仕事をこなしていくのと同じようなレベルのものです。

人生は80年近くあるのだから、別に35歳で独身でも問題ないと思います。
60歳で結婚して幸せになる人もいるくらいなのですから、
「かわいそう」と仰る人の気持ちが理解出来ません。

実際問題、35歳って早熟婚の昔に比べれば遅いような感覚があるかもしれませんが、
今の35歳は若いですし綺麗ですしバリバリ働きたい歳でもあるんです。
ウィッグ通販でウイッグ購入して女子会行ったり
合コン行ってパートナー探したり、ネイルしたりまつエクサロン行ったりが楽しいんです。
全くもってかわいそうなんかではないんですからね、と言ってやりたいです。

チョッコレート

4月 18th, 2012 Posted in つれづれ綴り | コメントは受け付けていません。

スイーツ好きの女性なら、ダントツでチョコレートが好きという人が多いと思います。
私はスイーツは食べたい時と食べたくない時の差が激しいので、真のスイーツ好きとは言えません。
しかし、チョコレートは癒しと言いますか、疲れている時はものすごく体が欲する食べ物です。
きっと、体が糖分を欲しがって、この苦みと甘みを取り入れたくなるのでしょうね。

先日、ご近所の方にタカノフルーツパーラーのギフトセットを頂きました。
フルーツチョコレートとレモン&ローズティーが入っていました。

フルーツチョコレートって初めて目にしましたが、調べてみると割と人気が高いみたいですね!
フルーツの美味しいタカノさんですから、期待高めで頂きました(笑)。

味は普通かな?
果肉をフレーク状に加工して練り込んであるみたいなので、フルーツの香りは非常に高いです。

種類はブルーベリー・ストロベリー・レモン・バナナ・マンゴー・メロン・ミルクチョコレートです。
バナナ味とメロン味は好まない味なので食べていませんが、どれも風味は良いです。

ただ、オーソドックスなチョコレートが好きな私には、一番ベストだと思ったのがミルクチョコレートですね。
欲を言えばもう少しビターだと好みです。
頂いていてこんなことを言うのもなんですが(^_^ゞ

ホワイトデー

4月 5th, 2012 Posted in つれづれ綴り | コメントは受け付けていません。

お友達がホワイトデーにもらっていたお返しがあまりにかわいくて、写メを撮らせてもらいました(*^_^*)

ぬいぐるみつきのお花なんて、嫌いな女の子はいませんよね!
女心を掴むのが上手な、センスのいい人なんだろうな~と思いました。
男性の方、参考にして下さいね(笑)

しかもこれ、真っ赤なバラなんですよね…。
花言葉は「あなたを愛してます」「情熱的な愛」などがありますが、贈ってくれた方の真意やいかに…?
男の子は女の子ほど花言葉を気にしないと思うので、深い意味はないのかもしれませんが、私だったら期待しちゃうかも。
最近お花をもらう機会もない私はうらやましいの連発でした。

もう、こんな素敵なお花をもらいながらフェアレディZの助手席に座らせてもらったら、好きにならずにはいられないですよね。めちゃくちゃ憧れてしまいます。

他のお友達にもどうだったか聞いてみましたが、ひとりときめくポイントが変わってる子が…。
彼女は本命チョコとしてバイトの先輩にチョコレートをあげたそうなんですが、お返しがUFOキャッチャーで取ったぬいぐるみ。
それなりに高いチョコレートをあげていたみたいなので、私も含め「それはちょっと…」と思ったのですが、もらった張本人は「そこがいい」とキュンとしてたんです。
彼の気の抜けているというか、かっこつけないところが好きらしいです。
彼女が喜んでいるなら、彼の洗濯は正しかったわけですがね(^_^;)
お返しも、喜ぶものも、本当に十人十色だと思いました。